社会福祉法人 光風会

爆音轟かせ

最近、自分の好きなことを何にもしていないじゃないか?つまらない人生を送っているようで、もうちょっと楽しめるものがあってもいいかなと思い、バイクをもう一度引っ張り出してみた。
1970年、高校1年生の時に自動2輪の免許を取り、中古のCL90のバイクを購入し、通学やバイトで使ったのがバイク人生に始まりである。
高校を卒業し横須賀市の造船所に就職したときもホンダのダックスやホンダSL350を購入した。20歳の時にSL350をお供に横須賀から友人と2人で東名、名神、阪神高速経由で四国一周のツーリングをおこなった。淡路島から四国に入り室戸岬、足摺岬、佐田岬などを1週間かけて巡った。帰りがけの東名高速で友人のバイクのエンジンにひびが入りオイルもれしながらもなんとか帰り着いた思い出がある。結婚後もバイクは一度も手放すことはなく、ホンダGL500、ヤマハのSL250、スズキVS700等乗り継いだ、子供の保育園もバイクでおんぶして送迎したほどだ。
1989年念願のハーレーFXRを新車で購入した。その年は北陸一周を敢行、東名、名神高速から岐阜高山、安房峠、恵那、福井県の三方原発などを巡った、雑誌のゴーグルに投稿した覚えがある。
また、当直明けを利用して西湘バイパス経由で国府津サービスエリアに立ち寄り、箱根ターンパイクから頂上の大観山レストハウスでコーヒーを飲みそのまま帰ってくるのを何度か繰り返した。職員仲間で一緒にツーリングに行くことは難しく単独行動が多かった。
年を重ねるにつれてバイクに乗る機会も段々となくなってきてしまい、ここ数年は乗らずにほこりをかぶっていた。
今年に入って気持ちを奮い立たせて、オーバーホールして車検を取った。還暦過ぎの親父が2月の寒空に爆音をとどろかせて走っている姿を見ましたら笑ってバイク写真やってください。

*ホンダSL350はホンダの軽乗用車N360と同じエンジンを積む(空冷式)
*ホンダGL500は国産では珍しい横置きVツインエンジン
*スズキVS700はイントルーダ―と呼ばれ、水冷式アメリカンバイク